2024年5月26日日曜日

5・25 8・6弾圧を許さない市民集会 150名で開催

 





5月25日、広島弁護士会館にて「8・6弾圧を許さない市民集会」を開催しました。全国から150名が集まり、8・6弾圧を打ち破る熱気溢れる集会として勝ち取りました。

(詳しい報告は後日更新。随時このページを更新して掲載します。)

集会の冒頭で、この間の弾圧、平和公園の8月6日立ち入り規制についての映像を上映。8・6ヒロシマ大行動宮原事務局長から経過報告が行われ、8・6弾圧に対する共同抗議声明が359名(うち海外41名)33団体(海外1)、5人の釈放を求める署名が2800名を超えたことを報告。「8・6ヒロシマ弾圧を許さない会」をこの集会で立ち上げることを宣言しました。弾圧についての許さない会のリーフレットも配布されました。

https://crush86bshd.blogspot.com/2024/05/blog-post.html

許さない会の呼びかけ人である高山俊吉弁護士(改憲・戦争阻止!大行進運動呼びかけ人)からはこの弾圧が岸田政権が全体重をかけてしかけてきた広島をつぶす攻撃であることが訴えられました。また、被爆2世の中島健さん、高槻医療福祉労組委員長であり被告の一人冨山小太郎さんのお連れ合いの冨山玲子さん、同労組書記長の村山裕子さん、全日建運輸連帯労組関西生コン支部の武谷副委員長、自治労広島市労働組合元委員長の福井利明さん、広島大学の太田蒼真さんからそれぞれの立場で素晴らしいアピールがなされました。

また、弁護団の端野弁護士、工藤弁護士から裁判闘争に向けての決意が述べられました。

広島大学の学生から、5人の被告のメッセージが読み上げられ、また被告家族のメッセージが紹介されました。被爆者の土井扶美子さん、ジャーナリストの浅井健一さんのメッセージが紹介されました。

集会の最後に広大生協労組委員長の壹貫田さんより、共同抗議声明の読み上げと今後の闘いについて行動方針の提起が行われました。

集会後、5人が拘束されている拘置所前を通るデモを行いました。沿道からの声援もいつもよりも多く寄せられました。














2024年5月11日土曜日

5・25 8・6ヒロシマ弾圧を許さない市民集会に集まろう!

 

ビラをダウンロード

原爆の日に戦争反対の声を上げたら逮捕。これは戦争の始まり

弾圧への怒りの声広げ、5人を取り戻そう。戦争をとめよう

 昨年の8月6日原爆の日に原爆ドーム前で行われた反戦反核集会に参加した5人の仲間が、半年も経過した今年2月28日「暴力行為等処罰法」違反で逮捕され、3月19日起訴されました。(8・6ヒロシマ暴処法弾圧)

 マスコミなどで言われる「集団で市職員を暴行した」というのは警察・検察による完全なでっち上げです。ケガをした市職員はおらず、被害届も出されていません。事実は、集会を破壊しようと襲いかかってきた「日本会議」など右翼から集会を守ろうとしただけです。

 8月6日原爆の日に広島で反戦反核の声を上げたら逮捕・投獄。戦前と全く同じ反戦運動弾圧です。これは戦争の始まりです。


戦争に向かっての岸田政権のヒロシマつぶし

 この弾圧は岸田政権が進めている戦争に向かう政治と一体です。軍事費を2倍化し、沖縄の軍事拠点化を進め、自衛隊と米軍の指揮を統合して日米共同で中国への侵略戦争をやろうと激しく準備を進めています。

 しかしどんなに戦争の準備を進めても、圧倒的多数の労働者市民は戦争反対です。特に、被爆地ヒロシマはナガサキや沖縄と並んで、反戦反核の運動が営々と取り組まれ、戦争を許さない「拠点」となってきました。岸田政権は戦争のできる国に転換するため、なんとしてもヒロシマを叩きつぶそうとしています。G7広島サミットとG7の核保有を肯定した「広島ビジョン」。「はだしのゲン」「第五福竜丸」の教育ノートからの削除、松井広島市長による教育勅語の研修での使用。こうしたヒロシマをめぐる動きの中に今回の8・6弾圧はあります。

 逮捕の前日、広島市議会は右翼が提出した8・6集会・デモの禁止を求める請願を可決しました。松井市長は「警察と連携」と8月6日の集会とデモの禁圧を狙っています。1950年朝鮮戦争の時、占領軍のもとで集会・デモが禁止された歴史の再現です。


日本の戦争突入を許すかどうかがかかった大決戦

 しかし「広島で戦争反対の声を上げたら逮捕!ありえない!」と全国で怒りの声が上がっています。5人の釈放を求める裁判所宛の署名は続々と集まり、8・6弾圧に抗議する共同声明には多くの心ある人々が名を連ねています。日本中・世界中で広がる反戦闘争、パレスチナ連帯の闘い、沖縄の基地撤去の闘いと一体で、日本の戦争突入を許すのどうかをかけた歴史的なたたかいとして8・6弾圧とのたたかいはあります。「安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませぬから」という誓いは、8・6弾圧を許すのかどうかにかかっています。8・6弾圧への怒りの声を広げ、5人を取り戻そう! 5・25集会・デモに集まろう!

2024年5月9日木曜日

8月6日平和公園立ち入り規制=集会禁止を許さない! 広島市に撤回申し入れと記者会見

広島市に対して平和公園立ち入り規制撤回を申し入れ

市政記者室で記者会見

5月7日に発表された8月6日の平和公園立ち入り規制=集会禁止攻撃に対し、広島市に対する撤回を求める申し入れを行い、記者会見を行いました!

5月11日には抗議のデモを行います! 5月11日(土) 15:00 京口門公園(広島市中区八丁堀3)に集まろう!


報道



広島市・松井市長は


8月6日平和公園集会禁止を撤回しろ!


  5月7日、広島市は今年の8月6日の原爆の日に平和公園を鉄柵で囲い、手荷物検査などを行って立ち入りを規制し、プラカードなどの持ち込みを禁止する「入場規制」を明らかにしました(右図)。

 これは、岸田政権が進める戦争政策と一体の反戦反核運動弾圧です。毎年8月6日に原爆ドーム前で様々な団体が行ってきた反戦反核集会を全面禁止する攻撃であり、同時に、岸田首相、米国およびイスラエル代表の式典参加に対する怒りの声を圧殺しようとする暴挙です。断じて許すことはできません。

 昨年8月6日の原爆ドーム前集会に参加した5名の仲間の不当逮捕(8・6弾圧)が、8月6日の反戦反核集会の全面禁止のための「見せしめ」的な政治弾圧であったことがますますはっきりしました。

 8月6日に原爆ドーム前で反戦反核の声を上げたら、核武装や改憲を主張する右翼が襲いかかってくる、右翼と対峙して集会を守ろうとすると逮捕・投獄される、そしてそれを理由に集会が全面禁止される。戦前の官憲による集会弾圧と何が違うというのでしょうか!

 私たちは広島市に対して決定の撤回を求めるとともに、全世界の戦争反対の闘い、パレスチナ解放の闘いと連帯し、パレスチナ虐殺をやめさせ、ウクライナ戦争をやめさせ、中国侵略戦争を阻止するために、記念式典の岸田首相、米国代表、イスラエル代表の出席に抗議する8月6日朝の集会とデモを絶対にやり抜きます。

 戦争反対、核廃絶、平和を願うすべての皆さん、ともに広島市の「8・6平和公園集会禁止」決定に怒りの声を上げましょう!


戦争に突き進む岸田政権の「反戦反核の8・6つぶし」

 今回の広島市の決定は、広島の反戦反核の思いと、戦後連綿と続く反戦反核運動をたたきつぶそうとする岸田政権と広島市当局が一体となった「ヒロシマつぶし」の攻撃です。

 4月10日の日米首脳会談では「3年間を経て日米同盟は前例のない高みに達した」と宣言。この3年間日米政府は中国への侵略戦争ー世界戦争を準備してきたのです(上の表)。岸田首相は翌11日の米議会演説で、アメリカと「肩を組んで」中国に対する戦争を行うことを宣言。そのために自衛隊と米軍の司令部機能の統合や沖縄・南西諸島の軍事要塞化、日本列島ミサイル配備などを決めました。

 このように戦争の具体的準備を進めていますが、国民の大半は戦争反対です。岸田政権はこうした状況に対し、ヒロシマ・ナガサキや沖縄の反戦反核反基地の運動をたたきつぶそうとしています。

 昨年5月のG7広島サミットはまさにこうした目的で開催されたものでした。2万4,000人の機動隊で広島を戒厳令下に置き、核抑止力を肯定する「広島ビジョン」を発表し、ゼレンスキー大統領を招いてF16戦闘機供与を決めました。しかし、サミットに対しては連日の抗議デモがたたきつけられ「サミットでヒロシマ圧殺」の策動は破産し、逆に広島ビジョンと岸田政権に対する怒りの声が高まりました。 

 8・6弾圧はこのようにどのような圧力に対しても屈することなく怒りの声を上げ続けるヒロシマの反戦反核の運動をたたきつぶそうとする攻撃です。今回の立ち入り規制=集会禁圧は一連の「ヒロシマつぶし」の攻撃の一環であり、ついに広島市当局が集会の禁圧に乗り出したと言う点で画歴史的な反動的決定です。


逮捕恐れず闘うアメリカの学生たちのように

 パレスチナ連帯・虐殺やめろの闘いが全世界で爆発しています。アメリカ全土で大学生が警察による逮捕・弾圧にも屈せず闘い抜いています。

 松井市長の「ロシアは招待しないが、イスラエルは招待する」という決定は日米同盟を軸とした世界戦争を推進する立場に立っているものであり断じて許されません。

 世界中で巻き起こるパレスチナ連帯・戦争反対の闘いと連帯し、広島から今こそ戦争反対の声を上げる時です。


2024年4月30日火曜日

無実の大坂さん奪還! 8・6弾圧を許さない! 沖縄を戦場にするな! 4・27集会&デモやりました

大坂弁護団の山本志都弁護士が懲役20年の超反動判決の反動性と8・6弾圧の歴史的重大性を訴えました。


活発な討論の後、参加者で団結ガンバロー

繁華街を「無実の大坂奪還!」と「8・6弾圧打ち砕こう」と訴えてデモ

8・6弾圧で捕われている仲間がいる広島拘置所までデモ






 



2024年4月26日金曜日

8・6ヒロシマ暴処法弾圧を許さない! ホームページを作成


8・6弾圧に対する反撃が広がっています。弾圧に対する共同抗議声明への賛同が拡大し、また5人の釈放を求める裁判所宛の署名も広がっています。8・6弾圧に対する反撃のためにホームページを作成しました。

8・6ヒロシマ暴処法弾圧を許さない!

戦争のための反戦反核運動つぶしの8・6弾圧を打ち破ろう! 共同抗議声明と釈放を求める署名を拡大し、5人を1日も早く取り戻そう! 

2024年4月21日日曜日

日米首脳会談弾劾! 8・6弾圧粉砕! 5人を取り戻そう! 教育勅語研修弾劾! 市役所包囲デモ




 4月12日、8・6弾圧に対する抗議と松井市長の教育勅語使用に抗議し、市役所前集会と市役所包囲デモを行いました。

前日未明に行われた日米首脳会談で日米同盟を中国侵略戦争遂行のための軍事同盟としてグレードアップさせたことに怒りを燃やし、まさに、戦争に向かっての反戦運動つぶしとして8・6弾圧があることをはっきりさせ、戦争を許すのかどうかをかけた大決戦として8・6弾圧粉砕を打ち砕くことをアピールしました。


デモの後の実行委員会での提起を紹介します。




4・12 8・6ヒロシマ大行動実行委員会会議での事務局からの提起


■日米首脳会談と共同宣言弾劾

4月11日に開かれた日米首脳会談と発せられた日米共同宣言、その後にフィリピンを加えた米日比首脳会談が行われました。岸田首相は事前の「米国CNN放送とのインタビューで「日本はロシアのウクライナ侵攻や継続している中東情勢、東アジア情勢を目の当たりしている今、我々は歴史的な転換点を迎えている」とし、「これこそ日本が防衛力を抜本的に強化する決定を下し、これらの問題に関連した日本の安全保障政策を大きく転換した理由」と答えています。

日米首脳宣言の「防衛・安全保障協力の強化」の項目では、

①米軍・自衛隊の「指揮統制」の連携強化、在日米軍司令部の機能強化で自衛隊が米軍指揮下で作戦を行うということ、

②「同盟の戦力態勢を強化し、高度な基地能力を構築し、脅威に対する抑止及び防衛に必要な備えを増強させる」として沖縄や南西諸島における基地機能の強化や部隊の配備を一層進めること、

③AUKUSや「日英間の(防衛協力などをうたった)広島アコード(サミットで締結)」のような日米豪間、日米英間などを軸に地域に有志国の軍事協力関係を構築するということ、

④「ミサイルの共同開発及び共同生産並びに前方に展開された米海軍艦船及び第4世代戦闘機を含む米空軍航空機の日本の民間施設における共同維持整備」として防衛装備品の日米共同生産体制の強化、米軍大型艦船(第7艦隊所属の空母、ミサイル駆逐艦など)の大規模な補修を日本企業が国内で行うなど、

⑤「日本の防衛力によって増進される米国の拡大抑止を引き続き強化することの決定的な重要性を改めて確認し、2国間協力を更に強化」と相互的軍事同盟として鮮明にさせるなど踏み込んでいます。

⑥世界最大の核兵器を実戦配備しているアメリカが「「核兵器のない世界」の実現という普遍的な目標を推進する上で、日本の「ヒロシマ・アクション・プラン」、及び「核軍縮に関するG7首脳広島ビジョン」は歓迎すべき貢献である」と称揚し、世界的に見ても有数のプルトニウム保有国である「日本が主導する「核兵器用核分裂性物質生産禁止条約(FMCT)フレンズ」イニシアチブへの米国の参加表明」と表明。このような日米による大ペテンにこの被爆地・広島こそが抗議の声を叩きつけていかねばならないと思います。


 この日米首脳会談が開かれているさなかに、沖縄県うるま市のゴルフ場跡地への訓練場建設が断念発表は大きいことです。呉の日鉄跡地への新基地建設を阻止する闘いを前進させましょう。

 岸田の米議会演説はより露骨。「1964年の世界博覧会のテーマは「相互理解を通じた平和」でした」「しかし、今の私たちは、平和には「理解」以上のものが必要だということを知っています。「覚悟」が必要なのです」と。続けて「米国は、経済力、外交力、軍事力、技術力を通じて、戦後の国際秩序を形づくりました。自由と民主主義を擁護し、日本を含む各国の安定と繁栄を促しました。そして必要なときには、より良い世界へのコミットメントを果たすために、尊い犠牲も払ってきました」と言い、「米国は、助けもなく、たった一人で、国際秩序を守ることはありません」として今後は日本が自衛隊が共に、一緒にといった表現で展開しています。


■3・19 起訴弾劾! 怒りを爆発させて、弾圧粉砕・5人即時奪還の闘いに立ち上がろう。

 2・27市議会決議、2・28 全国一斉家宅捜査・5名逮捕依頼、被爆者・被爆2世を先頭に緊急抗議声明を発し、直ちに反撃に立ち上がりました。3・7勾留理由開示公判、連日の街頭宣伝、署への激励行動。5人の仲間は完全黙秘で意気軒高と闘いぬいています。

 街頭の反応、「8月6日は静かに」と言っていた人もこの弾圧はおかしい、松井の教育勅語はおかしいと声を上げ始めています。

 こうした中での起訴の強行。中国侵略戦争参戦を決断した岸田にとって、2024年での完全な参戦国への飛躍、そのための8・6ヒロシマ闘争の暴力的解体が死活的だからです。それがどんなに破綻的であろうともそこに突っ込まざるを得ないということです。

 右翼の襲撃が始まったのは安倍政権下で安保戦争法の制定の2015年ごろから。2018年末に突然広島市が8・6のデモについてのアンケートを実施。これと連動する形で右翼勢力は「静かな8月6日を...」という市民団体を名乗り、市議会右翼市議らと連動して8・6原爆ドーム前集会への妨害・破壊と弾圧を画策。広島市議会は2021年6月には「平和記念式典を...厳粛の中で行う」という平和推進基本条例(いわゆる厳粛条例)を制定。しかし、そうした反動を跳ね返し、21年、22年とスクラムを組んで右翼の集会破壊を粉砕して原爆ドーム前集会を貫徹しました。しかし、2022年のウクライナ戦争開始、バイデン政権が「ロシアを抑え、中国を打ち負かす」と公然と中国侵略戦争を世界戦略として宣言する中で、22年末の安保3文書改定、日本の中国侵略戦争参戦の決断をもって「ヒロシマ」をめぐる攻防も全く違う段階に入りました。

 昨年5月のG7広島サミットでの超厳戒態勢の中での広島ビジョン発表、それを前にしてのはだしのゲン・第5福竜丸の削除とパールハーバー公園との姉妹公園協定、松井市長の「教育勅語」使用。明らかに国家の全体重をかけてヒロシマの反戦反核闘争を解体することを狙ってきました。

 昨年の8・6ヒロシマ大行動はこうした攻撃と真っ向から対決する8・6として闘ったということです。昨年右翼勢力は200名を全国から動員して破壊を目論みましたが、スクラムを組んで集会を従来通り貫徹しました。

 こうして見てくると今回の弾圧が戦争突入情勢の中で、闘いの前進が作り出した反動であることがはっきりすると思います。

 特に、昨年のサミット闘争の地平が大きいと思います。サミット反対を最初から掲げていたのは8・6ヒロシマ大行動だけでした。原水禁も原水協も、ありとあらゆる勢力が反対を言えなかった。しかし、サミット後に起こったことはそれこそあらゆる勢力が広島ビジョン反対の声を上げました。帝国主義の全体重をかけた攻撃であっても、絶対反対で闘う勢力があらゆる反動を恐れず立ち上がったとき、すべての人々の決起が生み出されるということです。

 ここから岸田政権はなんとしても8・6ヒロシマ大行動の闘いを解体しなければ到底中国侵略戦争への参戦などできないと今回の弾圧に踏み込んできたということです。

 したがって、この弾圧をめぐる攻防は、文字通り中国侵略戦争を阻止できるかどうかのかかった攻防に押し上げられたということです。

 「陸自の地対艦ミサイルは移動式で、隠れた場所から撃つことで敵のミサイル被弾を避けることが想定されている。だが陸自ミサイル部隊が、ゴルフ場跡地から車で約20分の石川岳などを盾にしてミサイルを撃ち、敵のミサイルから沖縄本島内を逃げ回る作戦を展開すれば、島は灰燼に帰すだろう。」「台湾有事となれば、米軍と自衛隊は、どう逃げればよいかもわからない住民を巻き込んで、沖縄本島を戦場にすることになる。」(東洋経済オンライン 3/29 山本 章子 : 琉球大学人文社会学部国際法政学科准教授) 

 すでに沖縄ではこうしたことがリアルに語られています。そういう中で石垣島では米軍のミサイル巡洋艦寄港に反対して全港湾がストに決起しています。

 こういう情勢の中で86弾圧との闘いは戦争と岸田に対するすべての怒りを結集できる求心力を生み出しています。徹底的に闘いを押し広げ、さらなる社会的大反撃と大裁判闘争を作り出し、反戦闘争の発展を全力で切り開いていきましょう。


2024年4月10日水曜日

松井市長は教育勅語を使うな! 研修会場にビラ入れ

 


松井広島市長は教育勅語を使うな!
「反戦反核のヒロシマつぶし」を許さない!

松井市長は、2012年からの市職員への研修 資料に教育勅語を使っており、今後も継続し て使用すると表明しています。これは市職員 に戦前の官吏のように「天皇と国家に従順で あれ」と教え説くものです。  教育勅語は、戦前戦中に戦争を担う国民を 作った天皇制軍国教育の柱でした。戦後、戦 争の反省により制定された現憲法と教育基本 法の成立(1947年)とともに完全に否定 (1948年に衆議院では排除決議、参議院では 失効決議)されたものです。これらの歴史的 事実を無視抹殺して「教育勅語にも評価して
もよい部分がある」などと行政の長が教育勅 語を公的に使用するなどということは、どこ から見ても許されることではありません。

8・6暴処法弾圧と一体で反戦反核のヒロシマ解体狙う
 私たちは昨年の8月6日原爆の日に原爆ドー ム前で右翼の妨害をはね返して反戦反核集会を行いました。これに対して今、5名の参加 者が「暴力行為等処罰法違反」をでっち上げ られて逮捕・起訴されています(8・6暴処法弾圧)。5人が「集団で市職員を暴行した」というのは警察・検察による完全なでっち上 げです。けがをした市職員は存在せず、「被害 届」もありません。5 人は他の参加者と共に、
改憲や日本の核武装を主張する「日本会議」 など右翼による妨害から集会を守ろうとした だけです。  原爆の日のヒロシマで戦争反対の声を上げ たら右翼が襲いかかり、それに立ち向かった ら逮捕される。まさに戦争前夜のようなこと が起こっています。

戦争に向かう岸田政権のヒロシマつぶし
 8・6弾圧も松井市長の「教育勅語」も、 今激しく進行している戦争に向けた政治と一 体です。腐敗にまみれた岸田政権が軍事費2 倍化の大軍拡を行い、沖縄・琉球弧の島々を 軍事要塞化・ミサイル基地化し、日本全土でも基地強化、民間空港・港湾の軍事利用の拡大が進められ、住民・生徒を動員してのミサ イル避難訓練などが頻繁に行われています。 米軍と自衛隊は中国と実際に戦争することを 想定した演習を繰り返しています。
そうした中で反戦反核の拠点・ヒロシマを 解体する攻撃が強まっています。岸田首相を 議長とした昨年のG7広島サミットでは核抑 止力を肯定する「広島ビジョン」が出され、 ウクライナ軍事支援の強化が議題にされまし た。サミット直前に広島市の学校教材からは ビキニ水爆実験被爆の「第5福竜丸事件」や『は だしのゲン』が排除され、原爆投下を美化す る真珠湾公園と平和公園の姉妹公園協定が結 ばれました。こうした動きと一体で原爆ドーム前集会に対する右翼と警察による妨害が年々 激化してきたのです。そして右翼・日本会議と 自民党などの反動議員が結託して市議会に原 爆ドーム前での集会を「禁止」する請願を出 し、ついに今年2 月27 日に採択を強行しまし た。その翌日に警察による全国一斉家宅捜索 と5 人の逮捕が行われたのです。

自治体労働者の戦争動員狙う
  松井市長が研修資料で引用した教育勅語の
「爾(なんじ)臣民・・世務を開き」という 一文は、天皇が国民に生きていく上での徳目 を並べたものですが、その結論は「一旦緩急 あれば義勇公に奉じ、以て天壌無窮の皇運を 扶翼すべし。」(非常事態のときには、大義 に勇気をふるって国家につくし、皇室の運命 を翼賛すべきである)です。戦争と天皇のために命を捧げるべしという生き方の徳目であっ て、これを「良いところもあった」などと賛 美することは許されません。  このような教育勅語を広島市の職員研修に 使い「評価してもよい部分がある」などと持 ち上げることは、結局のところ、戦前の「天 皇の官吏」を肯定し「国策におとなしく従う」 公務員の育成を狙い、戦争に公務員労働者を 動員することを狙うものです。

全世界と共にヒロシマから戦争反対の声を
 イスラエルのパレスチナ・ガザへの侵略戦 争・大虐殺が続いています。アメリカ・日本 をはじめG7各国はイスラエルを擁護し、虐 殺に加担しています。  10月7日のハマスのイスラエルへの攻撃 は75年以上続く軍事占領と民族抑圧に対す る当然の抵抗です。これを「テロ」と言って 非難することは侵略と軍事占領を肯定するも のです。  「沈黙も評論も無視も罪だ、今こそ行動の 時だ」と世界中でパレスチナ連帯・虐殺やめ ろの巨大なデモが爆発しています。  ウクライナ戦争は3年目に突入し、アメリ カに変わって欧州や日本が武器支援などを強 化しています。  そして米日による「台湾有事」と称した中 国への侵略戦争の準備が進められています。 世界戦争を止めるために今声をあげる時です。
 広島市の職員は、戦後の広島の反戦反核運 動の中心を担ってきましたし、その中心には 広島市で働く被爆者や自治体の労働組合運動 がありました。  広島市民はもちろん、全国から松井市長の 姿勢に怒りや疑問の声が上がっています。被 爆地の市長に全くふさわしくない! 松井市 長は恥を知れ! 広島市役所の内外から怒り の声を上げ、「教育勅語」使用を撤回させま しょう!